あっという間に

あっという間に今年もゴールデンウィークが近づいてきちゃいました。

ちょっと前に冬物一層バーゲンをやっていた街のお店は春物まっさかり。

チョウチョも浮かれて飛んできそうです。

でもそれもつかの間。ファッション通販のサイトでは、もう半そでやノースリーブなど、初夏を思わす商品もチラホラ出てきています。

足音がだんだん大きくなってきているゴールデンウィークが終わればもう夏が駆け足でやってきます。

そうなってくると、もうこの夏の水着や浴衣も気になってきます。

特に去年出遅れてしまって、欲しかったものが買えなかった浴衣が気になります。

花火大会や夏祭りには、もう浴衣なしでは出かけられないくらい、みんな浴衣を着ていますからね。

気が早いと笑われるかもしれませんが、そろそろギャルの域を超えようとしている私には、1年、1年が勝負です。

あの時もっとはじけていたらなぁ、なんて青春に後悔したくありませんからね(笑)

今年の浴衣のトレンドはいったいどんなものでしょう。

今年こそはお気に入りをしっかりゲットしちゃいますよ♪

 

 

サクナサクの効果

年齢を重ねると

年齢を重ねると若いころとは違って、口臭が気になるようになってきてしまったと感じる方が増えてきます。口臭を何とかしないと、人と会って話すようなことが多い人の場合は、支障が出ることがあります。

なぜ口臭がするのかを分析して、しかるべき対処をとらなければ、状況を変えることはできません。歯磨きをきちんとして、オーラルケアをしっかりしておかないと、口臭がひどくなってしまいます。口臭がするのは、口の中で雑菌が増えてしまっていることが関係していることがあります。

口の中にだ液が分泌されづらくなると、口臭がはっきりしてきます。だ液の分泌量は、年齢によって変わってきます。唾液の量が減少してくると口の中の雑菌を洗い流してくれる効果が落ちてくるので、口臭がきつくなる原因になります。口の周囲の筋肉を動かしたり、マッサージで筋肉のこわばりをほぐすことでだ液を出やすくし、口臭を防ぎましょう。

サプリメント?を摂取することで、口の中から漂う嫌な臭いをシャットアウトする方法もあります。サプリメントは、持ち運びに便利で、出先や、ちょっとしたタイミングで摂取ができます。

サプリメントはポケットやカバンに入れておくことができますので、口の臭いを消したい時にすぐ使えます。口臭が普段から気になっているけれども、忙しい日々を送っていてまとまった対策が講じられない人は、サプリメントを活用してみてください。

すそわきが対策する

健康に興味がある人

国が、30年近く前に、機能性食品を決めました。機能性食品は、健康に興味がある人が、盛んに利用しています。食品には、3つの要素があるとしています。

栄養機能とはカロリーや栄養のことで、人体を保つために必要です。感覚機能とは、味わい、風味、おいしさなどがあてはまります。体調調節機能は、病気にかかりにくい体をつくったり、加齢の影響から体を守る役割です。つまり、機能性食品とは、食の持つ3機能のうち、体調調節機能に重点を置いて製造されたものです。

機能性食品を言い換えると、食べ物に含まれている体調調節機能を担う成分でつくられた食品ということになります。医食同源という価値観が、機能性食品の根底にはあります。機能性食品を補給することで、病気になりにくい体や、健康状態のいい体をつくるというものです。

この機能性食品という単語は、日本で考案されました。最近は日本以外の国でも、機能性食品という考え方をしています。機能性食品は、薬と違って、何らかの疾患の治療効果があるような書き方はできません。

けれども、機能性食品の概念によって、厚生労働省は保健機能食品という枠組みをつくり、その食品の体調調節機能について書けるようにしています。どんな効果がある商品かを書きたい時には、保健機能食品としての認可を得る必要があります。

 

すそわきが

栄養分

冬に栄養素が不足して冬型の栄養失調になる人が最近増えているといいます。温度差によって動悸が激しくなったり、まぶたがぴくぴくしたり、口内炎ができやすくなったりすると、冬型の栄養失調の恐れがあります。

体の中にある栄養分が、寒さに対抗するために一定量使われてしまい、普段と同じ食事の仕方では、欠乏する栄養素があるのが、冬型の栄養失調の背景にあります。冬型の栄養失調は、脳、血管、心臓に負担がかかることがふえますので、その分、気をつける必要があります。冬に不足しがちな栄養素とそれを多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

マグネシウムは寒さで硬直した筋肉、血管を元に戻すのに使われるため冬に不足しがちです。マグネシウムという栄養素の不足は心疾患につながりやすく、反対に効率よく摂ると心臓の筋肉の動きをスムーズにします。豆腐加工品や、海藻類を摂取することで、マグネシウムの不足を補えます。冬に必要な栄養成分の一つが葉酸です。

葉酸は赤血球をつくる働きを担っているため、赤血球が酸素を送って体を温めるためには重要な存在です。この葉酸が不足すると、貧血の可能性がアップします。高血圧や、動脈硬化にもかかりやすくなるようです。保湿成分である脂質も冬に不足しがちな栄養素のひとつです。良質な資質を魚やオリーブオイルなどから摂取するようにしましょう。

冬に不足しがちな栄養素を食事から意識して摂るように心がけましょう。

すそわきが対策クリーム

腸の働きを改善

ダイエットレシピの中でも、こんにゃくを使ったレシピには様々なものがあります。食物繊維をたっぷり含み、それでいてカロリーが少ないこんにゃくは、ダイエットをする時に活用する人が大勢います。

腸の働きを改善する効果が、こんにゃくから摂取できる水溶性食物繊維にはあるといいます。腸が元気になると、便秘だけでなく健康的にダイエットをすることができます。こんにゃくを使ったダイエットレシピにはさまざまな種類があります。

パスタにこんにゃくを使う料理は幅が広く、ダイエットをしているためにパスタを最近食べていないという人にはぜひつくっていただきたい料理です。パスタのように糸こんにゃくを利用した上で、ツナや大根おろしを乗せて味つけをします。

とかくカロリーがふえやすいパスタ料理を、こんにゃくで低カロリーに仕上げることができるのであれば、非常にうれしいものです。焼きそばの麺を、糸こんにゃくに用いるというダイエットレシピも、カロリーカットが期待できます。

ダイエットレシピのバリエーションを考える時には、糸こんにゃくを麺類のように扱うというやり方は、かなり有効です。こんにゃくを使ってかさ増しをするというダイエットレシピもいろいろと存在します。チャーハンをつくる時に加えたり、炒め物に入れたりといった色々なダイエットレシピがあるといいます。オリジナルのダイエットレシピを考案するときも、こんにゃくを使うのは、いい方法です。

 

 

すそわきが対策クリーム

ワキをすっきり

最近は、ワキの永久脱毛をする人が多いようですが、どのようなやり方で行っているのでしょう。

自宅でシェーバーや毛抜きなどを使用して、脱毛処理を自分でするのは煩わしいものです。

永久脱毛をした人の中には、自力でのムダ毛処理に行き詰まりを感じた方もいるようです。ワキの永久脱毛にはどのような方法があるのでしょうか。

確実にワキの永久脱毛をしたいのであれば、おすすめなのは電気脱毛です。ムダ毛を一本一本処理するので確実性がありますが、コストや時間がかかります。

電気脱毛は、施術者のスキルや経験に仕上がりが左右される面が大きく、また、痛みの程度も異なります。短時間でワキ脱毛を済ませたいという人は、レーザー脱毛が向いています。

広い範囲をまとめて施術するので、短時間で脱毛か可能になります。毛周期があるので間隔をおいて休止期の毛根が活動再開するのを待って、何度かの脱毛を受けなればなりません。

施術費用は電気脱毛より低価格ですが、実際の仕上がり具合は1人1人の体質に左右されます。施術時間はレーザーより多少長くなりますが、1回あたりの施術時間は比較的短いワキの永久脱毛が光脱毛です。

レーザー脱毛ほど痛みは強くなく、エステで気軽に利用することができる方法です。ワキのムダ毛を永久脱毛処理をするやり方は、色々なものがあります。どんな方法でワキ毛の永久脱毛をしたいかは、人それぞれです。

脱毛おすすめ

顔のテカリ

あ~!!また鼻の頭が、テカテカになってる!!
私は、いわゆるTゾーンという・・・おでこから鼻筋にかけてがテカテカになります。当然、その場所は化粧崩れしやすくなるんですよ。
でも、目もとや口元は、少し乾燥気味で・・・という何とも複雑な混合肌なんですよね。(汗)
だから、化粧下地を選ぶときは、とても悩むんですよ。
テカリを抑えてくれる下地やファンデを選んだとすると、お化粧崩れは防げますが、
Tゾーン以外はカサカサしてしまいます。テカリを抑えないと崩れてしまうし・・・。

このテカテカは、毛穴の開きが原因だから、現在毛穴の開きを改善中なんですけど・・・時間がかかりそうです。(笑)
なので、とりあえずテカリを抑えてくれるパウダー配合の下地を試しています。

このパウダーは、テカリの元となる油分を察知して抑えてくれるらしいのですが、なかなか良い感じです♪
テカリも少ないような気がします。これからの季節は汗もかきやすくなりますから、下地選びは重要になってきますね。

 

化粧下地の口コミ

ひげもムダ毛?

今まで「脱毛」といえば、足や腕、あとはワキ・背中とか・・・まあそんなところだと思ってました。
でも今は、ホントにいろんなところを、「脱毛」するんですね。(笑)

脱毛といったら、「ムダに生えているものを、なくす。」ってイメージだったんですけど、そうではない「脱毛」もあるらしいです。
例えば、「ヒゲ」・・・自分でカッコ良く整えるのは、なかなか難しいようですね。で、「髭剃り」ではなく、「脱毛」するんですって。
また、カッコ良く整える・・・っていうよりも深刻なのは、「ヒゲの濃い方」で、ひげを剃ってもそり跡が、青々と残っている男性いますよね。
剃る・・・っていうのには、限界があるわけです。(泣)

いろいろな方法があるのかもしれませんが、私が知った「ヒゲ脱毛」は、レーザーを使うものです。
体験した方の写真が載っていましたが、ホントに?!っていうほど、きれいになっていました。

女性でも、少しヒゲが気になる方もいるかもしれません。
デリケートな部分ですし、目に付くところですから、もしやるとしたら、安心して任せられるサロンにお願いしたいですよね♪

綺麗になりたい願望はあるけれど、一歩踏み出せずにいる私です。(笑)

アンダー 脱毛

 

毛周期にあわせて

全身脱毛をされている方も多くなってきてますが、脱毛サロンへ通う場合はまず、カウンセリングを受けながらご自身の毛周期に合わせてプランを立てます。

毛には毛周期といって、毛が生えてくるサイクルがあります。レーザ脱毛などをおこなった際に効果があるのは、成長期にある毛に対してのみ。成長期の毛は全体のおよそ20パーセントほどで、退行期を迎えて自然に抜け落ちていったあとに休止期へと入ります。

そのため脱毛を早く終わらせたいからといって、短いスパンで脱毛施術をおこなっても全く意味がなくなってしまいます。

レーザ脱毛はメラニン色素などの黒い部分や茶色い部分に反応するため、成長期にある毛の毛根に反応して組織を破壊してくれるというものです。そのため満足した永久脱毛効果を得るためには、同じ箇所に最低でも5回ほどの施術をおこなう必要があると言われています。

無料カウンセリングなどで肌質やムダ毛のチェックをおこなってもらい自分に合った施術計画を立ててもらいましょう。

全身脱毛月額