栄養分

冬に栄養素が不足して冬型の栄養失調になる人が最近増えているといいます。温度差によって動悸が激しくなったり、まぶたがぴくぴくしたり、口内炎ができやすくなったりすると、冬型の栄養失調の恐れがあります。

体の中にある栄養分が、寒さに対抗するために一定量使われてしまい、普段と同じ食事の仕方では、欠乏する栄養素があるのが、冬型の栄養失調の背景にあります。冬型の栄養失調は、脳、血管、心臓に負担がかかることがふえますので、その分、気をつける必要があります。冬に不足しがちな栄養素とそれを多く含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか。

マグネシウムは寒さで硬直した筋肉、血管を元に戻すのに使われるため冬に不足しがちです。マグネシウムという栄養素の不足は心疾患につながりやすく、反対に効率よく摂ると心臓の筋肉の動きをスムーズにします。豆腐加工品や、海藻類を摂取することで、マグネシウムの不足を補えます。冬に必要な栄養成分の一つが葉酸です。

葉酸は赤血球をつくる働きを担っているため、赤血球が酸素を送って体を温めるためには重要な存在です。この葉酸が不足すると、貧血の可能性がアップします。高血圧や、動脈硬化にもかかりやすくなるようです。保湿成分である脂質も冬に不足しがちな栄養素のひとつです。良質な資質を魚やオリーブオイルなどから摂取するようにしましょう。

冬に不足しがちな栄養素を食事から意識して摂るように心がけましょう。

すそわきが対策クリーム

Comments are closed.